広島県呉市ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科) 呉市、江田島、黒瀬、広島市で水虫尋常性疣贅(いぼ)、アトピー性皮膚炎、湿疹、多汗症、かぶれ、巻き爪(VHO)でお困りの方はお越しください。日曜診療します。
痛くない水いぼ治療、新しい紫外線療法(ナローバンドUVB),男性型脱毛症(AGA)の治療を行っています。

疣(いぼ)の治療 橋本クリニック

いぼには何種類かありますが、主ないぼは尋常性疣贅といういぼです。
これはパピローマウイルスというウイルスの感染によって起こります。自分自身にもうつることがあるため、どんどん数が増えていくことがあります。うつりやすい体質があるようで、二つ三つイボがある人は治療をしないと数が増える傾向にあるようです。(場合によっては治療しても増えるのですが・・・。)

尋常性疣贅(イボ)
下記の写真は治療中のため典型例ではありませんが、手掌や足底に過角化性病変を形成します。
通常は表面がガサガサしているのが特徴です。

では治療はというと、一般的には液体窒素による冷凍凝固です。液体窒素を綿棒にしみ込ませて、患部に押し付ける治療を行います。1〜2週間ごとの通院が必要です。
通常何回か行う必要があります。
他に漢方薬の内服という治療があり、著効する場合があるのですが、著効する確率は低いので、液体窒素との組み合わせで治療を行います。
液体窒素を何回か行っても効果が無い場合には、治療の選択肢としては炭酸ガスレーザーでの焼灼(初診当日のレーザー治療は行っておりません)や、保険適応はありませんが、ビタミンD3製剤の外用などがあります

液体窒素での治療法です。
綿棒に液体窒素を染みこませて患部に押し付けることにより治療を行います

新しいHPはこちらです。

Copyright (C) 2008-2011 Hashimoto Clinic. All right reserved.橋本クリニック 広島県呉市の皮膚科(皮ふ科) 日曜診療 ゆめタウン呉の皮膚科(皮ふ科) 橋本クリニックのトップページ